2007年8月から夫婦でロンドン駐在生活


by MdmNAOCO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Royal Botanic Gardens, Kew

c0138438_737187.jpg
ロンドン観光客にはさほど人気のない場所だと思われますが、
こちらに来て、ロンドン在住者の皆さんに勧められるのが、ここキューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)です。
c0138438_834625.jpg


まず、キュー(Kew)って何?
>キューとは、ロンドン南西部にある地区の名前で、現在高級住宅地ともなっています。

それでは、キューガーデンって何?
>その名の通り、王立の植物園。園内には世界各国の植物が、ビニールハウスの中や外の庭で育成されています。世界文化遺産の指定も受けている植物園。
★それもそのはず★
 ここでは、昔、世界各地から資源植物を集め、品種改良などをおこなう場でもあったのよ。イギリス植民地内の各植物園と情報交換などをおこない、それにより、育成条件の合致する植民地に移植してプランテーションでの大量生産を図ったそうです。へぇ~。
c0138438_17361726.jpg


c0138438_861554.jpg

とにかく広い。東京ドーム26個分というのはあながち嘘ではないようです。
ほら、こんなに大きな木があちらこちらにあるし・・・・。
(木の根もとの女性や子供の大きさと比べてみてよ!)


と思えば、クロッカスや水仙が地面を覆っています。
c0138438_818326.jpgc0138438_8184593.jpg


c0138438_1739244.jpg
3/30まで開催されている Henry Mooreの彫刻展。
園内に28点の巨大な作品が各所に展示されてるの。
んん~、箱根彫刻の森美術館と錯覚する原因はこのムーアの彫刻にあったのかも・・・。


c0138438_17313589.jpg




  でもね~、一番のお気に入りはこちらの温室→
  こんなモイスチャーな空気は久しぶり。



ちょいと腹ごしらえ・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-27 17:51 | Londonおでかけ

歯ぎしり


私、寝ているときの歯ぎしりすごかったんです。

そう、すごかった。←過去形。

つい、先日旦那さんに言われて気がつきましたが、
歯ぎしりしなくなったんですよ、こちらに来て。

歯ぎしりって、すごいパワー、らしいですね。
歯ぎしりの力って相当なもので、間違って歯ぎしりの合間に指などを口にいれたら
噛みちぎるほど、という噂を聞いております。
確かに、朝起きて、たまに顎がだるい時がありました。

私の歯ぎしりもご多聞に漏れず、夜な夜な「きりきりきり~」って音を立てたらしい。
そりゃあ、隣からそんな音が聞こえてくるのは確かに怖い。
しかも、時に、寝言も言うわ、大声で笑うわ。(怖い・・・)


海外生活に四苦八苦で、文句ブーブーだったのですが、
以前の生活に比べたらまだまだ頑張れるってことでしょうか・・・。
体は嘘をつかないのね。
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-27 02:12 | ひとりごと

Portobello Market@Notting Hill

今更ですが、ノッティングヒルの恋人を観ましたよ。

c0138438_8514696.jpgc0138438_852522.jpg


 この映画は、ノッティングヒルにあるポートベローロードの旅行本屋で働く冴えない店員と世界的に大女優が恋に落ちるというストーリ。
 だから、この映画を観ないでNotting Hill散策してるなんて、え~もったいない、というアドバイスをもらいまして、早速、近所の図書館にDVDを借りに行きました。
なんだか、Hugh Grantの甘ったるい顔がどうも気に入らなくて(ファンの方ごめんなさい)、観ていなかったのですが、意外に面白かったです。偶然すぎるハプニングあり~の、笑いあり~の、男の人も恋をするとこうなるんだぁ~っていう発見あり~の。

 映画でMarketの予習(?)も済ませて、いざPortobello Marketへ!
もともとアンティークに興味があったので(私の場合は小物ですけど)、是非行きたかった場所。友人の希望ともドンピシャだったので、勇んで出かけましたとも!
c0138438_975223.jpgc0138438_8592511.jpg

 
想像以上の混みこみにびっくり!
マーケットは露店だけでなく、Portbello Road沿いの建物中にも所狭しと、ちっちゃなお店が沢山(ごちゃごちゃ)あるのよ。建物内の構図イメージは京都の長屋。
(建物内は写真撮影禁止のところが多くて・・・雰囲気伝えられなくて残念)
c0138438_95382.jpgc0138438_952687.jpg

それにしても、このPortbello RoadのMarketは長い。アンティーク・マーケットだけかと思っていたら、映画にも出てくるように野菜・果物・古着・・・と永遠に続くのかと思うほど長かいマーケットだった。

立ち食いパエリア
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-26 09:14 | Londonおでかけ
 日本から友人が遊びに来てくれました!『ようこそ、ロンドンへ!』

 ここ1週間ほど、彼女と一緒にタフ・サイトシーング・ロンドンをして参りましたよ。
 
 まずは、駐在員ブロガー特有の喜写真で恐縮ですが・・・。
c0138438_5192525.jpg


全てお土産です。ぐすん(嬉し涙です)。
ほとんどのお土産は、彼女がお仕事で忙しい合間をぬって、私がリクエストするがままに買ってきて頂いたものばかり・・・。あじがとう。


c0138438_5174336.jpg
もう、今は、そんな彼女も帰国してしまい、彼女がいない部屋はなんだか寂しいっす。
彼女には息抜きのつもり来てもらったのに、息も切れ切れで帰国したのではないでしょうか・・・ちょっと心配。

され、これから、ぼちぼち、そのタフ・サイトシーング・ロンドンをUPしていこうと思います。
またお付き合いのほどを~。

ところで、今回のヒットお土産は・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-23 05:44 | From Japan

CIRQUE DU SOLEIL~VAREKAI~


私の旦那さんが、いてもたってもいられなくなるもの。

それがCIRQUE DU SOLEILです。

もし、その公演情報を目にし、耳にしたら、もう観に行かないと落ち着かない。
それは”好き”というより、彼はCIRQUE DU SOLEILに呼ばれてしまっている。
という表現の方がふさわしい気がします(笑)。
c0138438_7551391.jpg
さて、そのCIRQUE DU SOLEILの”VAREKAI"を観に行って参りました。(日本語サイトはコチラ
会場は、ROYAL ALBERT HALLです。

c0138438_755348.jpg
独創的なショーとして大変有名ですが、最初からすごい。広い会場に沢山の観客で賑わっていても、ショーが始まるや否や、一気に摩訶不思議な世界に引きずり込まれてしまうんです。

んんん~、なんと表現していいのかしら。
人間って、ここまでどこまですごいのか、素晴らしい。って思えるショーです。


日本でもいくつか公演されていますよね。
~Saltimbanco, Aleglia,Saltimbanco2000,Quidam, Aleglia2, Dralion~
結婚してから観に行き始めたので、QuidamとAleglia2しか観ていませんが、
今回のVAREKAIが一番好きなショーになりました。

それに、今年10月には、シルクドソレイユ専用シアターが舞浜にオープンされるというではありませんか!日本語サイトはコチラ

きっと、旦那さんに教えてあげたら、日本に帰ると言い出しかねないわ・・・。
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-23 00:05 | Londonおでかけ
c0138438_0435254.jpg
 Bootsで買い物したら、袋のデザインが変わっていたので、店員さんに聞いたら、
 「バレンタインデーが近いからだよ。」って。
 (私って、何でも聞く人だなぁって思った?でもさ、マツキヨの黄色い袋が赤くなってたら気になるでしょ?)

 私、バレンタインデーは、日本のお菓子やさんが考え出したイベントデーだと思っていたらから、↑の店員さんの答えに、すごいびっくりしちゃったのよ。薬屋まで巻き込むイギリスのバレンタインって何って?
ちゃんと歴史があるのね。
何より、チョコレートを贈る習慣はイギリスから始まったんだってね。へぇ~。
 でも、女性が片思いの男性にチョコを贈るっていう習慣を始めたのは日本。(あ~懐かしい。そんな甘酸っぱい時代もあった・・・。)
こちらでは、男性が女性に花やジュエリーを贈ったり、食事に誘ったり、またはお互いにプレゼント贈りあったりという恋人達の日。

 そういうわけで、今日は聖バレンタインデーです。
 この日のために、英語の授業の後、旦那さんの為にチョコを買いに行ってきました。
 モリちゃんの日本のお友達情報をもとに行って来たのは”melt"

 c0138438_2192178.jpgc0138438_2193887.jpg

Notting Hillの町並みと同じく、白を基調とした店内。10種類以上のチョコが並んでいて、自分でトレーを持ってチョコを選びます。お店の奥では、チョコを作っているようです。
あ~カカオのいい香り~。c0138438_220510.jpgc0138438_2225182.jpg



ふたたび・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-14 00:05 | London散歩
c0138438_14679.jpg
 主婦になって、一人の時のおうちご飯ほど手を抜きたいものはありません。 
 必然と朝食・昼食抜きやお菓子を食べることたびたび。
 
 そんな私へ ”やる気のない朝ごはんにでもどうぞ” というメッセージとともに送られてきたのが、コチラの品々。

c0138438_0193979.jpg

 熱々のお湯を注いだとんこつ茶づけからは、意表をついて、紅しょうがの香りが漂います。私の場合、大好きな海苔と白ゴマを少々足して頂きます。


c0138438_0195681.jpg


 白菜の漬物に添えてあるちっちゃいオレンジ色。これゆずです。
 白菜は日本のものと比べると半分程の大きさですが、
 普通にスーパーで入手出来ます(ポルトガル産よ)。
 今までは、ゆずの代わりに、みかんの皮を丁寧に洗って漬物に入れていました。いい香りがするんですけど・・・ね。
 でも、ゆずには勝てません。

 
 必需ではないけど、あったらいいな、って思える品々。

 そう、かゆいところに手が届く人
 いるのね、本当に
 しかも、身内に
 私果報者です
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-13 04:03 | From Japan

             冬の青空に描かれていく白い航跡

c0138438_7545782.jpg


   日本はかなり、寒いようで・・・また雪が降ったとか、積もったとか。
   こちらは穏やか~な天気が続いています。なんだかすいません。

   今日は、規模も知名度もマイナー。でも、お洒落な公園Holland Parkを散歩して、
   春感じてきちゃいましたよ。


c0138438_6125152.jpg
 
 It's amazing! Even some roses are out!



皆さんも、春を感じちゃいなよ!
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-12 08:01 | London散歩

うちのひと

 
 ご結婚されている方、これからしようとする方、いつかする方へ;

 『外で、自分の配偶者のことを、皆さんはどう呼びますか?』

   女性の場合: 夫、主人、亭主、旦那、ハニー・・・・。

   男性の場合: 妻、家内、女房、奥さん、かみさん、ワイフ、愚妻(うっ)・・・・・。

 友人のお母さんが、旦那さんのことを苗字で呼んでいたのを聞いた時、
 子供ながらに、なんか、カッコいいぃ~と思いました。
 「丸尾がお世話になっています。」とか「仕方ないのよ、浜崎はああいう人だから」とか
 「花輪は最近帰りが遅くて・・・。」とか。

 でも、私は、夫のことを”うちのひと”って呼びたいんですよ。
 勝手に呼べばいいがなぁ~っ、て思うかもしれないけど、これが、なかなか恥ずかしい。
 なんだか、夫を自慢しているような響きが悪いようないいような。
 (私には、自慢の夫と言う風に聞こえる。)

 躊躇なく使えるのは、旦那さんの衣服を買いに行き、サイズに迷った時。

 ”ご主人の体格(身長)はどうですか?”と聞かれた時がチャーンス。
 ”身長***cmくらいですけど、うちのひと、ココ(胸)が厚いんですよ。”

 言う必要があるにしろないにしろ、まぁ~、胸板が厚いことをただ言いたいだけ、とも言う。
 (私の男性のチャームポイントは、胸板の厚さなので・・・)

勿論、こちらでも言ってますよ。
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-11 04:24 | ひとりごと

c0138438_227125.jpg 渡英前、お仕事で知り合った方からのお誘いで、”J Sheekey”に行って参りました。

 こちらは由緒正しきイギリス料理を美味しく頂けるという噂のレストラン。
 外見かな~り地味ですが、
 さりげなく、黒いシルクハットをかぶったドアマンがいるのよ。


***********<今夜のメニュー>******************************
                             c0138438_2274548.jpg◆前菜
 Oyster:Fine de Claires/白子のロースト with Pie
◆サラダ Belgian Endive Salad
◆メイン
 当日のメニューで赤鯛のハーブロースト/  ←写真の品(何だったんだろう)
◆デザート
 Crème Brûlée/Double Chocolate Pudding Soufflé



c0138438_2281337.jpg 生牡蠣はとてもクリーミーね。
 赤鯛も身がしっかりでもほわらか&お味もいいときている。
 デザートのクリームブルリェは、ちょっと・・・量が多くて・・・。
 チョコスフレは濃厚なので、一人では到底食べきれないものですが、中からとろけるチョコがなんとも美味でした♪

 お値段は・・・それなりでした。(お一人様予算50ポンド)

******************************************************
※写真は、J SheekeyさんHPより。

 ところで、今回誘ってくれた彼女は私達より8ヶ月ほど早くこちらに赴任されて、ロンドンをエンジョイされている様子でした。
 もちろん彼女はこちらでもお仕事がありますから、それ相当のご苦労はあるとは思いますが、それでも、ロンドンは楽しいと。
 こういう先導者がもっと早く現れてくれていたら・・・・と思いながら、
 美味しいところ、楽しいこと&駐妻婦人会の実態などを色々お聞きしました。
 追々ご紹介していきたいと思います。

 懐かしい方とのひととき、あっという間でした。

J. Sheekey
Address:28-32 St. Martin's Court London WC2N 4AL
(最寄駅: Leicester Square)
Tel: 020 7240 2565 ◎要予約
http://www.j-sheekey.co.uk/
[PR]
by MdmNAOCO | 2008-02-04 05:15 | Londonレストラン