2007年8月から夫婦でロンドン駐在生活


by MdmNAOCO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Glasgowへ ~市内観光~


おっと、朝の8時。そうだ、昨夜は夕飯も食べずに寝たんだった・・・・。
道理でお腹が空いてる・・・。
旦那を起こし、朝食を食べに出かけなくては・・・。
っと、準備してたら、そろそろ9時をまわった。駅のカフェぐらい開いてるんじゃない?

・・・・・駅はおろか、ホテルの前の通りもシーン。ただでさ、日曜の朝なんて開いているお店なんてないんですよ。
それに・・・・あっ、今日は10月28日(日)の朝、そうです、サマータイム終了
実際には8時。まんまと一時間間違えました・・・・。


さて、今日は、グラスゴー市内観光です!!

私が一番楽しみにしていたグラスゴー大聖堂!
なのに・・・なぜかこの日はセレモニーがあるらしく午後の1時以降しか見学できない・・・と。
ショック・・・。右写はお墓。
c0138438_1254966.jpgc0138438_1261281.jpg


グラスゴー大学。この風景気に入ったので、暫く眺めてました。
川が流れ、色づく木々。素敵だよね~。見事。
c0138438_127995.jpg



そして、こちらが、”ケルビングローブ美術館(Kelvingrove Art Gallery & Museum”
1902年に建てられたこの建物はグラスゴーで一番美しいといわれるほど。
壮観な眺め・・・・。
c0138438_1272834.jpg



なんだろう・・・・これ↓。   そして、甲冑の部屋には、日本の鎧も。。こわっ。
c0138438_1274912.jpgc0138438_1283239.jpg



美術館の一角には、地図にない階段が・・・・・。確かに、上に上がれるみたいだけど・・・
階段の前にはプラカードがあります。
”スタッフも入ることが出来ません。もしかしたらゴーストがそうさせているのかしら?”
って上がれないよ、そんな階段・・・。

聞いてはいたけど、スコットランドの人は親切でした。
地下鉄駅前で、地図を広げて美術館に行く道を確認していたら、中年の男性が近寄ってきて
”Museum?"と言って、自分の左腕をたたき、
”ここを真っ直ぐ進むと橋があるから、それ渡って、左側にある”と教えてくれました。

館内では、旦那と面白い彫刻を見つけては写真を撮り合っていたら、
女性が、”お二人の写真撮りましょうか?”と、名も知らぬ作品の前でカシャ。

景色も人も温かい、グラスゴーでした。

ランチ&お土産は・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-30 01:16 | Londonおでかけ
先週末、行って来ました、スコットランド グラスゴーへ
イギリスに来て、旦那さんと初めての旅行です。

スコットランドと言えば・・・

エジンバラ城やラグビーに、キルト(タータンチェック柄のスカート状の民族衣装)を身に着けてのパグパイプ演奏となるはずですが・・・・

旦那さんの場合”スコットランド=中村俊輔” だそうで、中村俊輔が所属するCeltic戦を応援しに行ってまいりました!
c0138438_3361033.jpg
ロンドン(ヒースロー空港)からBMIで約1時間でグラスゴー空港には到着するはずが・・・、
「テクニカル・ディフィカルティーズ」とやらで、
本来のグラスゴー到着予定時間よりも遅い離陸となりました・・・・。
(8時40分出発予定が10時15分出発です)
こういうことは、イギリス国内ではよくあることなんですよねぇ?
こんなことで怒っていては、自分が損。
ま、確かに、搭乗してから、「テクニカル・ディフィカルティーズ」とやらが見つかっても恐いので、文句も言えませんけど。



★グラスゴー空港から市内へ★
バスが便利です。(バスかタクシー位しかないと思います)
空港外に、バスレーンがあります。
◎Bus stop 1から 500番というバスに乗ります。
◎料金は、片道£3.95/往復(open ticket)£6.30です。
>>ドライバーから買えます。おつりもあります
◎所要時間 25分


試合前、時間がない中、ちょっと腹ごしらえ
c0138438_3364468.jpg
そして、とうとう出会いましたよ、これが噂の味のない英国料理。
今回渡英してまだフィッシュアンドチップスを食べていなかったので、入ったお店でやっと・・・・。
Scottish訛りと格闘して手に入れたシーフードパスタです。
潮の香りはムンムン。具はプリっ。
でも、太くて太くて味がない・・・。


気を取り直して、Celtic park(通称 paradise)へ、Let's go!!
地下鉄”Bellgrove"下車。あとはひたすらCelticサポーターについて歩いて行くのみ。
20分くらい歩いて、ようやく到着!c0138438_3371799.jpgc0138438_3373414.jpg


相手チームサポーターが応援している席は、スタジアムのほんの一角なんだけど、その周囲には厚い警備とテープが貼ってあって、さすが、熱いスポーツだと実感。c0138438_3401264.jpgc0138438_3382067.jpg



選手が出てきて、”Shunsuke Nakamura"とアナウンスが入ると

c0138438_339325.jpgc0138438_3391976.jpg


”うぉ~”って
周りのサポーターも”っか~””Oh,Na~ka~”って叫ぶんですよ。
なんか、自分が親になったような気分で、”俊輔、応援してもらってよかったなぁ~”って涙・・・。


c0138438_338468.jpg
なんか、興味のないサッカーも、これだけのLive感(ってliveなんですけど)を味わうと否応無く盛り上がりますよ。
試合もliveなら、英語もまさにlive。
卑猥な英語も、絶賛英語も、けなし英語も、ブーイング英語も学べます・・・・。



c0138438_3503463.jpg
試合は、3対0でCeltic勝利!!
残念ながら、中村選手はノーゴールでしたが、精度の高いコーナーキックやフリーキックも見られて、満足でした。
中村選手がコーナーキックする時、Celticサポーターは、イスラム教信者がアラーの神を拝むように、両手を上げ下げするんですよ。ちょっと恐いけど。
ご存知の方も多いとは思いますが、中村俊輔選手は、あのUEFA Champions Leagueでマンチェスター・ユナイテッド相手にフリーキックを決め、勝利を導いた選手なんですよ、だから、拝まれるわけです。

・・・・と柄にも無く熱くなってしまいました。

c0138438_3553525.jpg
試合終了後、帰る方向が検討つかず、警察官に聞いて見ると
”1mileも歩くのか?とりあえず、その(Celticの)マフラーと帽子を脱ぎなさい。
帰り道、(相手チームに)絡まれると危ないから。”
と、ちょっと恐いアドバイスも頂きながら、方向は適当に教えてもらいました。そうそう、馬乗って、警備してましたよ。

試合終了後、ホテルに戻りましたが、ランチのパスタとチップスが効いて、
そのまま就寝・・・。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-29 23:05 | Londonおでかけ
乗ってきました、ロンドン・アイ。
妹と一緒に・・・。

きっかけは、ある方のブログで、ロンドンアイからの夜景が素晴らしくロマンチックだったので、
妹夫婦に勧めたことでした。
でも、お二人はとっても忙しいスケジュール故、一旦中止となったわけですが・・・・
トム帰国後、なぜか妹がどうしても乗りたいと・・・・。

お昼過ぎ、英語の授業が終わってから、ピカデリーサーカスで待ち合わせ。

バスでWaterloo駅へ。テムズ川を渡り、見えてきました世界最大の観覧車”London EYE"
c0138438_31151.jpg




さて・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-27 03:22 | Londonおでかけ

サーモンのクリーム煮

今日は、旦那と妹に評判の良かった”サーモンのクリーム煮”のレシピを紹介します。
アンチョビのうまさを存分に楽しめるコク深いそして簡単に出来る一品です。
c0138438_2204811.jpg

                ※料理本に掲載されていたレシピを、
                  ロンドンで手軽に入手できる材料で応用しました。

~材料&レシピ~
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-25 23:03 | Fun

Columbia Road Flower Market


先週の日曜日、念願のコロンビア・ロード・フラワー・マーケットに行って来ました!!!

毎週日曜日 朝8時から午後2時まで開かれる”青空花市場”です。

Old street駅から歩くこと15分くらい、小さな看板が見えました。
そして、お花を抱えた人達がこちらに向かって歩いてきます。
c0138438_184827.jpg
c0138438_132529.jpg



そして、そこには、 な花たちが待っていました!
c0138438_1123169.jpg



通りは広くはないけれど、2列のストールがところ狭しに並びます。
”Three bunches for a fiver!" (2束£5が値下がって。)
ただただ、この通りにいられることが嬉しくて、何度も往復。


c0138438_1571561.jpgc0138438_1573023.jpg


買い物前に朝食をとった通りの奥の小さな広場では、
アコーディオン弾きのおじさんと、その音楽に合わせて踊る子供。
c0138438_1165451.jpg



さて、買い物もひと段落して、次の目的、”ベトナム料理 フォー”を頂きに・・・。
まずは、このお店一押しの揚春巻きを・・。
c0138438_1305184.jpg


あ~皮がモチモチしていて、とても美味しい。


c0138438_1311142.jpg
さて、お次は、寒い朝には心身温まるフォーを・・・・。
しかし運ばれてきたのは、この焼きソバ。
気が急いたせいか、メニューに書かれていた”stir-fry noodle”を見落として、間違えて焼きそばをオーダーしていたのです。でも、味はいい。実に美味しかった・・・。


今回頂いたレストランは”Song Que Cafe"です。 日曜日は12時から開店。c0138438_144198.jpg



帰宅後・・・・
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-22 18:25 | Londonおでかけ

コッツウォルズへ


行ってまいりました、コッツウォルズ(Cotswolds)へ
と一緒に。

英国の本当の魅力はカントリーサイドにある・・・と言われますが、
絵に描いたような田園風景を歩き、自然を慈しみ、古きよき英国の面影を求めて多くの人が
訪れるのが、このコッツウォルズです。

コッツウォルズとは、とある村の名前かと思っていましたが、
”羊小屋のある丘”という意味だそうで、この地方は羊毛の生産と取引で栄えていたそうです。この丘陵地帯には、いくつもの村が点在しています。

詳しくはオフィシャルサイトで。
(それにしても、オフィシャルサイトが英語と日本語で作成されているということは、日本人に人気なんでしょうね)

私たちは、初めての郊外へのお出かけということで、”みゅう”のバスツアー利用しました。

まずは、バイブリー(Bibury)へ。
「英国で最も美しい村」とウィリアム・モリスに賞賛されたことは有名です。
c0138438_1425957.jpgc0138438_143132.jpg


蜂蜜色の家並みと小川がなんてステキ。とても可愛い。
窓が小さいのは、その昔、窓枠税というものがあったので、節税の為、窓を小さくしたそうです・・・。すごい税だこと。
それにしても、この落ち着く感じは何なんでしょうか・・・。

北上して、ストウ・オン・ザ・ウォルド(Stow-on-the-Wold )でちょっと休憩。
15分程度しかいられなかったので、Highstreetのアンティックショップを駆け足で回りました。
c0138438_143468.jpgc0138438_1445792.jpg



更に北上し、チッピング・カムデン(Chipping Campden )にあるマナーハウス”Charingworth Manor"でクリームティーを頂きました。
c0138438_145354.jpg

クリームティーとは、スコーンと紅茶のセットのこと。
手作りスコーンを初めて頂きましたが、フワフワ、しっとり、サクっという感じです。

その後、お庭を散策。
もともとは貴族のお屋敷だけあって、広々としたお庭。
c0138438_1503983.jpg
c0138438_1513967.jpg


c0138438_1521897.jpgc0138438_1515425.jpg

遠くに羊達も見えます。それにしても天気が悪い・・・。

更に、ヘリポートも発見。実際に自家用ジェットの発着に利用されるそうです・・・さすが。
c0138438_1523795.jpg
お店の方々が慌しくされていると思ったら、午後に結婚式があるそうで・・・。
こんなところで結婚式なんて、なんて素敵♪



さて、コッツウォルズを後にし、アウトレットショップ”ビスター・ビレッジ(Bicester Village)”へ。
こういうところでの買い物が本当に下手で、結局何も買えませんでした・・・。
そんな私とは対照的に、妹は、せっせとお土産を購入。
ここが、どんだけ安かったかは、ロンドン市内で買い物をして、思い知ることになるのです・・・。

更に、時間がありましたので・・・キングスクロス駅へ
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-13 23:15 | コッツウォルズ旅行

観に行ってまいりました”Wicked"
妹夫婦と一緒に・・・。

c0138438_7335766.jpg


渡英前から気になっていたミュージカル。
四季のチケットがとれなくてロンドン持越しとなっていました。

ストーリーは、ドロシーがOZの世界(エメラルドシティー)で西の魔女退治をする前に、
OZでは一体何が起きていたのか!?

何が起きていたんでしょうね~。ネタバレ宜しければ後日UPします。

内容は、ちょっと無理があるかなという設定でしたが、Elphaba(西の魔女)役のKerry Ellisの歌声に、観る価値を実感しました。
彼女の歌声♪に感動して、涙してしまうほど。良かったです。
※これから観劇する方は、事前に、”OZの魔法使い”のお話を復習しておくことをお奨めします。

c0138438_753234.jpg
劇場内の様子。結構迫力ある舞台装置。⇒

チケットはWickedのWEB siteから簡単に予約できます。
予約したチケットは劇場(The Apollo Victoria Theatre)で受取 または、 自宅へ郵送可能です。

ミュージカル鑑賞前にちょっと腹ごしらえ。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-06 23:03 | Londonおでかけ

私の妹とその旦那さんが、我が家に遊びに来てくれました!

彼女達は、ヨーロッパで行われているラグビーのワールドカップを観戦しに来たついでに、我が家にも立ち寄ってくれたのです!!
妹の旦那さん(仮称トム)は、学生時代から社会人の今でもラグビーを続けているそうで、
私たちの赴任が決まる前から、この欧州旅行は計画されていた・・とのこと。
ラッキー。

そして、日本からのお土産がどど~ん。乾物・雑誌・乾物そして乾物。

c0138438_8531342.jpg


本当にありがたいです。彼女達のトランクケースの片面は、このお土産に占領されていたとか。

どうぞ、我が家のごとく、くつろいでいってください・・・・。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-04 23:36 | From Japan

手作り~ソファー掛け~


「やっぱり、なんだか気に入らないよ、このソファーカバー。」と、
新品のソファーを汚さないように、とりあえず購入したマルチカバーが、お気に召さない旦那さん。
確かに、二人掛用と一人掛用におそろいのカバーが見つからず、大きさだけで選んだチグハグなマルチカバーは、とても落ち着かない。
セントラルのデパート4軒も回ったけど、マルチカバーって売ってないんだよねぇ。

というわけで、生地を買って、作っちゃうことにしました。
作るといっても、裾をまつり縫いするだけの簡単お裁縫。
ここに来て昼間は色々と外出することが増えたので、夜なべでチクチクと。(ミシン持ってきていないので・・)

この調子で、あと2種類くらい作っちゃおうかな。c0138438_16404856.jpg
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-03 23:58 | Fun

伴侶の死


先月のとある日、旦那さんが目を赤く腫らして帰宅しました。

会社の同期の奥さんが、ガンの為、34歳という若さで亡くなったと連絡を受けたそうです。

その奥様も旦那さんと同期。私もよく存じ上げている方です。

同期の方は、身内以外には、奥様の闘病生活のことは話さず、勤務後につきっきり看病をされていましたが、治療よりも転移の方が早かったようです。



先ほど、旦那さんを亡くされたドリカムの吉田美和さんの記事をネットで読みました。

若い頃、ドリカムの歌を聴いては、元気をもらったり、泣いたりしていましたので、

吉田美和さんの深い悲しみは、とても他人事には思えませんでした。


c0138438_2316399.jpg
これから、長い年月、時を共に歩む人が、目の前から永遠にいなくなったら・・・・
今の私には、到底想像することも出来ない。

今からできること。
後悔をしないことなんて出来ないけど、後悔しないように心がけるくらいはできる。


空気のようにいつもそばにいてくれる伴侶にも、敬意を払って、気遣ってあげないと、って。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-10-03 23:18 | ひとりごと