2007年8月から夫婦でロンドン駐在生活


by MdmNAOCO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0138438_5345927.jpg
先日、ぶらりとThe National Galleryに行って来ました。

実は、ロンドンに越してくる前、横浜でもよくぶらりと一人で横浜美術館に足を運びました。
こちらは、ナショナル・ギャラリーとは違い、有料ですので、そうそう足は運べませんが、それでも、会社の昼休みに、美術館内のショップをぶらりとしたものです。


最近読んだ雑誌にこんなこと書いてありました。(うる覚えですので、概略だけ)

人間の脳は、右脳と左脳にわかれ、その働きも全く違う。
●右側の脳は、画像処理、空間処理、総合判断力などに適し、合成的、全体的、感覚的、直感的な能力に優れている。
●左側の脳は、言語、計算、観念構成に適していて、分析的で論理的です

女性の脳は、左脳的と言われていますが、何より、この右脳と左脳を行き来する情報量が多いのが特徴です。(正式には、左右の脳の一部だけが真ん中でつながっている箇所「脳梁(のうりょう)」といって、この脳梁が、女性の方が大きい。)

だから、女性は、感情的になりやすくい。
そんな時、美術館などで、ものすごいインパクトのある絵画を眺め、右脳に衝撃を与え、
ショックなことを中和させると良い。



長くなりましたが・・・・
私も思い起こせば、旦那さんとケンカしたり、仕事で煮詰まったり、
こっちで生活がうまく行かなかったりして、落ち込んでいる時に足を運んでいたなぁっと。

なるほど。人間の体は、自然といい気分転換をさせてくれるのだなぁっと。
(新婚生活でかなり煮詰まった時など、なぜか上野の横山大観記念館にまで足を伸ばしましたっけ・・。たぶん、無意識に右脳が水墨画で衝撃を受けたかったのでしょうか・・・)


ここロンドンには、ご存知の通り、ナショナル・ギャラリー以外にも沢山の美術館があります。
落ち込んだり、煮詰まる暇がなくなるかも知れません。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-27 05:45 | Fun

今日、美容院に行ってきました。

さんざん悩んだ挙句、日本人スタッフがいる美容院に行ってきました。
やっぱり”叶美香の髪の色”が通じますし・・・。(ちょっと、蛇は本文と無関係です)c0138438_4342792.jpg

とりあえず、今日は美容院の様子見なので、毛先カット&カラーリングをお願いしました。
仕上がりは上々です。でも、最後のマッサージが思いのほか効いて良かったです。
カットとカラーリングで£80。


こちらに来て、いろんな国の方々を見ていると・・・、

日本人女性がとっても個性なく、(言い方が悪いんですけど)チンチクリンに見えて仕方ありません。(一種被害者意識も入っているかもしれませんけど・・・・。)

ホント、皆さん自分を知っているお洒落をしているんように思えます。
他人と比較するなんて事は意味が無いことなんですけど、
それでも、こうも目の当たりにすると、自分が小さく見えてきちゃうんですよね。

イタリア人、フランス人、スペイン人、イギリス人、東欧の人、アフリカ系の人。。。あ、アラブの人(宗教の戒律が厳しい国の人)は全身黒ずくめなので、ちょっとわかりづらいですけど。
それぞれの体型や肌の色を生かしたお洒落を知っていて、
尚且つ、魅力をアピィールビーム

ということで、次回、私も”右にならえ的な頭”から、自分を生かし、且つ、存在をアピールできる髪型を目指したい。
ただ、超日本人顔ですから、大胆な髪型にも限界があり、とりあえず↓で行こうかと。
c0138438_4385070.jpg


ちなみに、日本のファッション雑誌高いのでこんなの利用しています


内面から出るものが外見をも美しくしていく。それがその人の魅力。

っていうのが私の理想よ・・・。
(例えば、恋する女って本当にキレイだもん。特に結婚前の女性って、そりゃエステの力もあるだろうけど、何かラブオーラが出るんだよ。)

・・・しかし、何か変えないと気がすまないのよね、今。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-25 20:40 | London生活事情
~来ない~
旦那さんは日曜から出張。朝7時のフライトの為
5時にFlat前にMini cabを手配しました。

なのに・・・待ってても来ない。
TELすると
"そんな予約ない。”
”え、だって、こっちにはconfirmationだってあるのに”
”ツーツーツー”

まだ薄暗い外に、とりあえず飛び出した。
大通りまで走ること5~6分。
大通りでblack cabを探すこと7~8分。
反対車線を走っているにも関わらず、私に気づいたドライバーがUターンして来てくれました。
旦那もスーツケースも引きずって到着。

ドライバー ”君の必死の姿が目に飛び込んできたよ”(意訳)
”あ、ありがとう・・・。”

気づけば、パジャマ(+カーディガン)、ビーサン(=裸足)姿
寒・・・。


~動かない~
洗濯機が洗濯中に止まりました。
ネットで見つけたマニュアルをもとに、排水口に何か詰まったのが原因か?
早速、排水口の蓋を開けるも、ぴくりともせず開かない。

旦那は出張、大家はlong holiday。不動産屋にお願いしてスタッフを派遣してもらいました。

気のいい、流暢な日本語を話すイギリス人。いとも簡単に蓋を開けて
”奥さんの力じゃ無理ね。” (じゃ、これからどうやって開けるの?)
さて、出てきたのは、コイン2枚。
”この5ペンス、昔のね。今、発行されてないよ” 
(犯人は私じゃない。でも、え?!じゃ、ずっと掃除されてなかってこと?かよ・・。)

無事、洗濯機動き出しました。


~流れない~
トイレではありません。
久々に、先月のYOGA以降行っていなかったスポーツクラブに行ってきました。
さすがに、高い会費も無駄には出来ないと気づきまして(おそっ)。
運動してきたので、たまには湯船に湯をはろうと・・・アロマオイルもたらしちゃおっと。
すっかり心身共にリラックスし、湯を流そうとしたら・・・
そう、流れない。
どうやら水圧で栓が上がらなくなっている。

とりあえず、頭と体洗って・・・
泡ついたまま(体の泡を流すと、湯船から湯があふれちゃうので)、
栓と格闘すること20~30分くらいかなぁ~。(なぜ、体まで洗ってしまったか・・・習慣)
爪で栓の端を引っ掛けて、ようやく流れました。
ふ~寒っ。


一人でどたばたとしていましたが、
明日、旦那さん帰ってくるので、気分的に良しとしました。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-19 20:46 | London生活事情

私の宿命


9月あたまに地下鉄のストがありました。
よく聞くロンドン地下鉄のスト。本当にあるんですね、しかも3日間も。

というわけで、この3日間はおとなしくして、読書することにしました。

その名も”細木数子の宿命大殺界”

朝から読みふけっています。

私は土星人(-)なので、そう、今年は大殺界ど真ん中。
そんな時期にロンドンへ引越しというのは、
事を新たに起こさないのがいいのでしょうが、
ま、断るわけにもいかない転勤の話。気持ち、静かに引越しは行ったつもりです。

これは、いつもの12年間に3年間ある大殺界の話し。

宿命大殺界とは上記とはべつのもの。
こちらは、120年間に20年間ある大殺界の話です。
(う、ながい)

え~と、今の私は、静雲星(32~41歳まで)という時期。
この星のキーワードは・・・
“反発”“反抗”“孤独”“感受性” (なんか、思春期がキーワードみたいな。)
“家族、友人と別離になる傾向。”(お、その通り)

この時期のいい過ごし方として・・・、
“何か技術をみにつけ、芸術の世界をめざすととともに、孤独の世界で生きる楽しさを見つけることが大切” 
(今の、私の姿そのものじゃない。それで、みんなと離れて遠い異国の地に来たのね・・・。)

それじゃ、宿命大殺界はいつくるんだろう・・・。
げげ、まだこれからだよ。42歳~61歳。
(帰国後、旦那さんの実家で同居スタートする時期ね。)

宿命大殺界は、本来の星の流れにそった生活をしていれば問題ないとのこと。
それに反した生活をすると、痛いしっぺ返しがくる。

42歳以降の前半の星は
“善良、奉仕、義理人情、回転財”

後半の星は
“家庭、堅実、蓄財、温厚”

つまり、同居生活がスタートして、家族大切にみんな仲良く暮らせばいいってことかしら。

なんて、暇つぶしの今日の自分勝手な占いは以上。


興味ある方は↓ (便利なサイトがあるもんですね)
私の宿命大殺界は?
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-17 01:29 | Book

最近のロンドンは雨知らずです。
今日ものどかな午後。

Primrose Hillに行ってみました!

c0138438_3445968.jpgc0138438_3451272.jpg

丘を上っていくと・・・
c0138438_3455149.jpgc0138438_346692.jpg

おぉ、ハンモックで寝てる・・・。            懐かしい凧だ!

丘の上からは、ロンドン市内が見渡せます。
お、ロンドンアイだ!その隣は、BT(British Telecom)の電波塔。

c0138438_3471244.jpg



c0138438_3484676.jpg

しばらく、この丘のベンチで読書・・・・。でも、近所にこんな公園があったら、友達・家族と出かけたくなるよね。大人も裸足になってフリスピーで遊んで、子供たちは輪になって大声あげて笑っている。
ふわ~眠くなってきた。



丘を下り、外を歩いてみると、Highstreetがありました。

”SESAMI”                      ”Graham&Green"
オーガニック食材屋                  アジアンテイスト満載の雑貨屋さん
(野菜・パン・何でもオーガニック)         (かわいいリネンやバッグなどなど)
c0138438_348447.jpgc0138438_3481739.jpg


また、こよっと♪
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-16 04:08 | London散歩

~STAMP ART~

じゃん。

c0138438_23435370.jpg



先日届いた、日本から初の送り物。

さぞや、こちらのpostmanも驚いたことね・・・。

送り主は、私の妹。
家にあるありったけの切手を郵便局に持って行ったそうです。

日本の郵便やさんも、なかなかセンス・・・ありますね。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-14 23:49 | From Japan

はじめます!


ようやくつながったブロードバンド。
イギリス到着してからどれだけ待ち望んだことか。

失礼いたしました。
私、Mdm NAOCOと申します。
旦那さんの転勤で、イギリスに引越ししてきた
いわゆる駐妻です。
何気なく数えてみたら、結婚して7年目。
子供はまだいないので、新天地では、ほんのり、新婚気分です。(なんて・・・)

ところで、なぜ、Mdmか。
今年7月にアパート(FLAT)を下見に来た際、こちらのイギリス人の方々から
”マダム”と声をかけられることが多かったから。
日本で言う、”奥様”相当だと思いますが。

そういうわけで、これから、自分の見た・聞いた・読んだ・笑った・泣いた・怒った・叫んだ・・・・
などなどのイギリス生活レポートをしていきたいと思います。

今まで通り、主婦業に適当に専念し(とは言いましても、今年の3月までお仕事してましたので、実質4ヶ月程度しか専業主婦してませんけど)、こちらでの生活ぶりを日本の皆さんにレポートできたらいいなぁ~。
なんて・・・・。

それではよろしくお願いいたします。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-06 04:12 | Profile

Farewell & Welcome party


本日は、旦那さんの上司宅でAkiko-san宅と私たちの歓送迎会が行われました。

それはそれは、奥様の手料理があふれんばかりに並べられました・・。
渡英後、初めて食べたローストビーフ。遠慮なくたらふく頂きました。
そのほかにも、里芋とイカの煮物や中華おこわ(←これが最高に美味しかった)などなど。

c0138438_2322566.jpg
さて、食後はお庭でティータイムです。
”これ、奥様焼いたスコーンですか?”
”いえいえ、私が焼くと膨らまないから、買ってきちゃった
これはFortnum & Masonのものよ。しっとりしていて、ここのが一番美味しいと思うわ。”

なるほど・・・。
クロテッドクリームとストロベリージャムをたっぷりつけて・・・・
おいひいです。
お庭では、りんごやブラウンチェリー(←ちょっと怪しい)がなっています。
Akiko-sanの坊やと旦那さんがお庭でりんご取りに挑戦です。
かなりの数頂戴しました。

ホント、ご馳走様でした。

あ~、お庭がある家がいいなぁ。。。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-02 23:16 | Londonおでかけ

Ciao!


先週の週末、旦那さんとセントラルにお出かけをしました。

観光客が多そうな、
Oxford Circus Street~New Bond Street~Regent Street~Piccadilly Circusまで歩いてみました。

やはり、すごい人・人・人ですねぇ~。

>とはいえ、東京の人の多さに比べると、そうでもないかも。
>日本で、たまに上京すると、人酔い?(人の多さに酔う)ってたから。
>こっちは、いろんな人種が集まっているから、密集感がないのかなぁ~・・・なんて。

さて、Selfridgesやブランドショップを流していると、お腹が空いてきたのでc0138438_23143450.jpg

Regent Streetの裏に見つけたイタリア料理屋さんに入りました。

ブロガー(←と呼ぶのかどうかわかりませんが)として失格ですが、あまりの空腹さに料理の写真を撮り忘れました・・・。

一番美味しかったのが、地味なんだけど、ガーリックトースト。
でもサーモンパスタやアラビアータなど、パンチあり~の優しさあり~の
美味しかったです。

イタリア人が結構入っていたので、やっぱり美味しいんだろうなぁ。

最後に、店員さんに一応習っていたイタリア語を少し話しかけてみると
通じた!!!!!!

もちろん最後は”Graze, Ciao!"って別れました。

こっちでもイタリア語習うか。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-09-01 23:00 | Londonおでかけ