2007年8月から夫婦でロンドン駐在生活


by MdmNAOCO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

主婦の集い

今日は、Akiko-san宅にご招待頂き、彼女の3人のママ友達を紹介して頂きました。
皆さん年齢が近くて(私、年下の方から20代と間違われたのよ。ほほほ)
3人のうち、2人は渡英してまだ1年未満とのこと。
やはり、洗剤やお野菜を買うのに苦労しているとか。
私独りでくだらない悩みだと思っていたけど、いらっしゃるのね同胞が。

色々とお話すると、お野菜ではこちらでもかなり中国産が進出している様子。
いつも気にしていないわけではないけど、
Organicでない白菜を買って、冷蔵庫に置いておいたら、一ヶ月腐らなかった、とのこと。
ひょえ~。どんな保存料使ってんだよ、チャイ!

割高だけど、Organic買おうかな。

卵もライオンの赤いスタンプが押してあるものは安心だとか。
それでも、生卵食べてあたった人もいるとか。
こっちではサルモネラ菌が結構問題になっているので、
生卵食べるなんてなんて度胸のある人だと思ったけどね。

あと、ロンドンではスリが多いと聞いてはいたけど、今日知り合った中で実際に財布をスラれたと言う方が・・・。こわ~。
******************************
Oxford streetのデパートで洋服を見ていたら
“How much?”と聞かれたそうです。
心優しいその方は丁寧に“10 pounds”と答えたところ
“? ?”みたいに何度も聞き返してきたそうな。
だから、そのたびに“10 pounds”と答えていたら、
反対側から近づいてきた男性が、
彼女が肩から斜めがけしていたバッグのジッパーを開け、
財布だけを抜いていったそうな。
保険に入っていたから、お金や財布代金相当額は戻ってきたけど、
クレジットカードや運転免許証も再発行しなくてはならない始末。

**********************************


私はよく旦那さんに新宿や渋谷を歩いている時、“このあたりはオレンジゾーンだけど、ここからはレッドゾーンだから、命がけでバッグ持てよ”と真顔で言われます。(どこにそんな色分けが・・・・?)
ロンドンに来ても同じ。セントラルで買い物をしている時は、彼から途中でお財布チェックがあります。
地図で道を調べている時は、もう一人は周囲の監視役です。
慎重な人だなぁって、ウザくも可愛くも思うんだけど、バカにできない忠告だわって思い直しました。

皆さんも気をつけてくださいね!
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-30 21:21 | London生活事情

バンクホリデー

今日はBank holiday。
日本でいう国民の祝日。

銀行だけでなく、学校や会社もお休みです。
では、なぜ、Bank holidaysというか・・・

>>起源がイングランド銀行が定めた定休日だったからこの名前。
クリスマスやイースターもbank holidays。
現在は14種類ありますが、イングランドとウェールズ、スコットランド、北アイルランド、そして隣のアイルランド共和国でそれぞれ日が少しずつ違います。

イングランドとウェールズの例では、以下の8種類。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1月1日: New Year's Day
イースターの金曜日: Good Friday
イースターの翌日の月曜日: Easter Monday
5月の第一月曜日: May Day Bank Holiday
5月の最終月曜日: Spring Bank Holiday
8月の最終月曜日: Summer Bank Holiday
12月25日: Christmas Day
12月26日または27日(25日が日曜の年): Boxing Day

( http://en.wikipedia.org/wiki/Bank_Holiday )
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

すくな~い。
日本の国民の休日は15種類。
色々と歴史的背景によるものだろうけど、
これからも国民性が伺えるかな。

自己主張の強いイギリス人達。国民の休日は休日。
それとは別に、自分達の都合でvacationを2週間以上とります。

協調性に長けている日本人達。みんなで一緒に休みましょう。
自分の都合でvacation取って、戻ってきたら席がなくなるかも知れないから。

そういうわけで、旦那さん、頑張って取ってくださいよ。
今冬のvacationちゃんと計画たてていますから。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-27 16:58 | London生活事情

Oh, No, カギが開かない!

◎天気 快晴
◎気温 日差しが強いけど、肌サラサラ

c0138438_4484296.jpg
こちらは、今日から三連休。
この後は、12月のクリスマスまでまとまったお休みがないから
最後の連休にこちらの人はお出かけのご様子。
とはいっても、だんなさんは休出。
折角なので、駅までお見送り。

“さて、日差しは強いけど、風はひんやり。歩いていてとっても気持ちいい。日本の残暑?え?そんな言葉こちらの辞書にはありません♪”みたいな鼻歌歌いながら帰宅。

ところが・・・フラットに戻ってきたら、部屋の鍵が開かない。

”ギョッ。待って、落ち着いて。”

ほんの少し鍵を回せば開くはずなのに、180度回転してしまう。・・・・・。
10分くらい開け続けた。無情にもカギはクルクル回転し続ける。

これはヤバイ。

一応、財布、Oyster cardと日本で使っていた携帯電話(softbank)を持っている。

でも、ロンドン関係者の連絡先は未登録。
旦那さんのこっちで使っている携帯電話番号すら登録し忘れてた・・・・。
しかも、10時には、トイレ工事屋が来る。現在、朝の9時回ったところ。

とりあえず、とりあえず日本の父に電話した。
いつもすまない、父さん。“彼のオフィスの電話番号をネットで検索してください。”
5分ほどして、父から折り返しTELあり、すぐに調べてくれた。
さすが、父さん。感謝。

早速、オフィスに電話するも、無情な留守電メッセージ。
そりゃそうだ。今日は休日だ。誰も取る訳がない、
あ~。

あ、そうだ。彼の会社にメールを送ってみた。
このsoftbank携帯からメールをすると、莫大な料金がかかるがそんなこと知ったことか。
(国際メールになる為、割引も適用にならず、情報量にもよるが、受信だけでも5000円~8000円/通するのだよ。)

待つこと、15分。ようやく彼と連絡がとれた。
彼も不動産屋に連絡してくれたが、案の定留守電。
ま~しばらく待つことに。
待っている間も、諦めきれず何度も鍵開けに挑戦したよ。
40分が過ぎる頃。・・・・カチャ。
開いたよ・・・・・、父さん。

旦那さんにすぐ電話。彼は自宅に帰る用意をしていたとのこと。
まあ、とりあえず開いたから良かった、良かった。


気を取り直して、
私は、近くの図書館に本を借りるべく出かけることにしました。
本を借りて、近くの公園で昼寝しながら、読書、ステキな午後。

図書館では、申込書に記入し、公共料金の請求書を見せてOK(←住所確認)。
雑誌以外は、20冊まで3週間借りられます。(雑誌は1週間)
でも、一日でも返却が遅延すると罰金が・・・。(実際に手続きしている最中に若い女性が3冊分の遅延料を払っていきました。TSUTAYAみたい。)
ここの図書館は、近所に日本人が多く住んでいることから、和書が多く寄贈されています。
漫画“名探偵コナン”“ベルバラ”から文庫本に家庭の医学書などなど。
私は、推理小説とロンドン滞在エッセイみたいなものを借りることにしました。

c0138438_4494311.jpgとりあえず、和書以外にと・・・・私の英語力でも読めそうなものは・・・・雑誌。
日本同様、男性・女性ファション、経済、料理、ガーデニングなど。
料理とガーデニングの雑誌を借りました。

なんとここでは、会員になればインターネットを無料で利用できます。(30分/回という制限つきだけど)
今日は、利用者が多いようなので、次回にしようと。





軽い買い物も済ませて、帰宅。
今回は大丈夫だろうか・・・・。やはり鍵は180度回転。
よく考えてみれば、鍵の調子が悪いのに、なぜ無謀にも出かけたのだろうか。
たぶん、この晴れ渡る天気がそうさせたのだろう。
粘ること20分。

 カチャ。

コツはわからないが、開いた。

旦那さんが持っている鍵(マスターキーをコピーした鍵)では、1回失敗するも2回目に鍵は開いたので、今後はこちらを私が使用することに・・・。

このカギが磨耗しているのか、シリンダーに問題があるのかわからない。
たぶん、両方だけど・・・・。

今は、結構カケに近い感覚でカギ開けてます。

大家さんに修理依頼したけど、たぶん無理だろうなぁ~。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-25 23:31 | London生活事情

航空便到着!


◎天気 曇り
◎気温 やや肌寒い

今日は、待ちに待った航空便到着の日。待ってましたよ。

ダンボール箱 5箱が届きました。

コートもセーターも冬物部屋着もある!
(これでもう寒い思いはしなくて済む!)

革靴もブーツも到着!
(何せ、スーツケースで持ってきた靴は、サンダルとビーサンだけ。
気づいたら、引越屋が、靴箱の靴を全部箱詰めしちゃってたんだよね
出発当日成田空港で、妹から黄色いスニーカーは借りましたが)

今回、”お任せ引越しパック”みたいなコースで引越しやにお願いしたのだけど、
これ、間違いでした。
まぁ、コートはシワにはなっていませんでしたが、スーツもジャケットもシワシワ。
革靴もペッチャンコ。
プロの梱包だから安心って思っていたら、大間違いでした。
時間があったのだから、近藤典子の引越し教本を手本に、自分でコツコツするべきでした。

まぁ、次回の引越しの教訓としよう、

今日は、いつもより働いた感あり。
だんなさん帰ってくるまで、昼寝?してよ。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-24 23:18

私も引継ぎ・・・・

◎天気 雨 [先週までは、かなり気持ちがいい天気で、
         今週から雨が降り始めたそうだ。雨女の私のせい?]
◎気温 かなり寒い

c0138438_1954579.jpg
駅近くの図書館で待ち合わせのつもりが
途中でAkiko-sanにばったり。
まずは、”Panzar”の中を散策。こちらの、焼きたてベーグルと切り売りサーモンはとっても美味しいとか。
それに、近所に住んでいるポール(マッカートニー)も買い物に来るとか・・・。

そして、とりあえず、ランチとなりました。
High streetでのcaféは初めて。
軽めのcontinental breakfast(orange juice, caffee, taost)
色々と質問攻めにしてした挙句、ご馳走になってしまいました。

ランチ後、図書館へ
こちらの図書館は地球の歩き方にも載っていたんだけど、
日本人が帰国する際に本を寄付するらしく、結構日本の本がおいてありました。
会員になって、早速借りるわ。

雨もひどくなってきたので、Akiko-san宅へ移動することに。
Oyster cardを持っていないので、バス料金は2ポンドしますが、
Akiko-sanがbus saverという回数券を下さいました。(ホント、何から何まで・・・ありがとうございます)
c0138438_20114135.jpg★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Bus saver ticket は6枚つづりの回数券で6ポンド
Oyster cardのチャージをうっかり忘れてしまった時のために
持っていると安心です。
駅近くの売店などで購入できます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Akiko-san宅は、先月の下見の際に伺っていますが、見晴らしのいいマンションで、本当に素敵です。
紅茶をいただきながら、質問の続きを・・・。
Akiko-sanは色々と習い事(お紅茶、おもてなし、パン、ワインテイスティング、フラワーアレンジメント・・・)をされていて、こうやって知り合ったお友達から色々な情報を手に入れたとか。
まずは、語学学校に入ることね、と。

私の方からは、Akiko-sanご一家が帰国後入居される
あの横浜の社宅の話をさせて頂きました。
駅からバスやタクシーの乗り方や近くのスーパーなど。
6年も住んでいた割には、意外に、色々と忘れているもので、お役に立てたかどうか・・・。

旦那さんがお仕事の引継ぎをするなら、
こうやって奥さん同士が現地の情報を引き継ぐことも大切だと実感。
Akiko-sanが駐在された時は、前任者がすでに帰国されていたとのこと。
本当にご苦労が絶えなかったろうなぁと思いました。
それに比べて、こうして、お世話をして頂いて、私はかなり幸せ者です。

Akiko-san宅でお話をしている間、不動産屋2件来ました。
9月で帰国されるので、その後の入居者を案内しているのです。
約1ヶ月前の自分の姿を思い出しました。

そろそろ6時ということで、おいとまを。
なんとAkiko-san宅から自宅まで歩いて帰れることが分かりました。
10分程度です。また、お邪魔すること確実と思いながら、マンションを後にしました。

そうそう、やっと念願のOyster cardを購入できました。

日本のSUICA (JR東日本)みたいなものです。
これまたAkiko-sanのご主人がApplication formをご用意してくださり、
記入したformを駅窓口に見せたら、簡単に買えました。
IDや光熱費のBillとか全く不要。必要書類などは、駅の窓口の人によるらしいんだけどね。
めでたくDeposit 3ポンドと20ポンドのChargeを済ませました。

※Oyster cardを買うときに種類を聞かれました。
種類があることを知らなかったので、びっくりしましたが、
私の場合は、ただチャージして使うだけなので、”Pre Pay"と言えばいいんですけど。
他に”Travel card"用のOyster cardもあるんでしょうか・・・。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-23 19:51 | London生活事情

小雨の中散歩

◎天気 小雨
◎気温 やや寒い

朝から降っていた雨が、午後にはやみ、
今日はRegent’s parkに行ってみることにしました。
Regent’s park自体は広いので、とりあえず、自宅からの近道を探すことに。
High Streetを抜けて、歩くこと40分(途中行き過ぎて戻ったりしましたので)
ようやく入り口を見つけました。
雨が降り出してきたのですが、家族連れやジョギングをしている人たち、犬を思いっきり放し飼いにして遊ばせている家族がいます。
↓はほんの公園の一角だと思いますが、雰囲気だけでも味わって。c0138438_19454625.jpg

c0138438_1949462.jpg




散策していると、****駅方面という案内が・・・。
歩いていくと、High Streetの中ほどにぶつかりました。
お、近道じゃん、Lucky!
(日本なら、High streetに
”⇒Regent’s park”なんて看板ありそうだけど。)
その途中、魚屋のお兄さん “ Good afternoon!”って声かけられて
なんか、更にHappyな気分だ!

夕方、前任の奥さんAkiko-sanからお電話が。
色々とこのあたりを案内してくださるとのこと。早速明日お会いすることに。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-22 19:37 | London散歩
あ~ やっぱり時差ボケアタック3日目☆
1:00起床。外は冷たい雨。
旦那さんもつられて起床。
昨夜夕飯抜きだったので、おなかが空いた・・・・
ということで、ご飯作りました。
生パスタできのこクリームパスタと生ハムサラダ。
c0138438_19343155.jpg
こんな夜中になんて高カロリー・・・でもこれしか楽しみがないので。

食後、旦那さんは、やりかけの仕事を継続。
私は、食べたら睡魔という法則通り、再び就寝。

目覚ましで6:00起床。
旦那さんはロンドンオフィスへ初出勤!
いってらっしゃ~い!

さて、まず、洗濯、掃除。
適当に終わらせて、今日のYOGAレッスンの予約をTしました。

何を隠そう、到着した翌日には、スポーツクラブに入会していた私たち夫婦。
もちろん、旦那さんの当日(18日)のおでかけの目的は、コレでした。

スポーツクラブのスタッフが教えてくれたTEL番号にかけて、YOGAを予約したい旨伝えると
“ I don’t undestand.”といわれてしまった。私の英語が通じなかったのか・・・。
それもそのはず、スポーツクラブに併設している美容室の電話番号だったからだ。
気を取り直し、スポーツクラブの電話番号を探して、かけてみると、今度は大丈夫。
再び、YOGAの予約をしたいと伝えると
“OK, please wait a minute.” 待たされること 3分。
“Sorry, wait a second”
どうやらレセプションには一人しかいないようで、現場の対応も同時に行っているようである。
結局、直接レセプションに行って、指定の用紙に記入しなければならないと言われてしまった。

このスポーツクラブがあるショッピングプラザは、イギリスにもこんなところのがあるのかと正直驚いた。
c0138438_1928984.jpg

c0138438_19282279.jpg











更衣室は、とても広く、奥に進むと、子供立ち入り禁止のエリアが設けられていた。
周りをキョロキョロしながら、着替え完了。ロッカーはコイン式(後で戻ってくる)。
早速、YOGA スタジオへ。中を覗くと、二人がヨガマットを敷き、ストレッチしていた。
恐る恐る入ると、インストラクターらしき人が・・・。
彼女にYOGA マットを借り、今日が初めてのレッスンだと伝えると、
彼女は代理のインストラクターだとのこと。本来の先生は病気で数週間お休みするという。
ま、いいか。

今までホットヨガしか経験がないから、ここのスタジオ内が少し肌寒く感じる。
レッスンスタート。    結構つらい・・・。
ホットヨガは呼吸がつらいけど、本当のヨガって、筋肉使うのね。
体がミシミシいってるよ。
でもボーズが決まると、先生が“Beautiful! Lovely!”とか言ってくるんだよね。
調子に乗って頑張りました。
ヨガ終了後、シャワー室へ。
シャワー室では、みんな、ビーチサンダルを持参していたよ。
更衣室も土足だから、裸足で歩けない。(歩いている人もいたけど)
この寒いイギリスになぜか、ビーサンは持ってきている私。次回から助かった。
シャワー室のドアの鍵が閉まらない。硬水の石灰の影響で、鍵がガチガチになってるんだよね。
カギしまんないけど、シャワー浴びて、着替えて、スポーツクラブを後にしました。

帰りはバスに挑戦!そう、あの赤いダブルデッカー!
下調べは十分にしたから、大丈夫なはず。
ご存知の方も多いと思いますが、こちらは、バス停のアナウンスがありません。
地図と走行中の道を比べながら・・・何とか、いつもの駅前で降りることが出来ました。

今日は、色々と発見の多い一日だったなぁ。
帰宅後、デザート食べて、昼寝。(16:30)

旦那さんの帰るコールで起こされました。(18:50)
今夜は、サーモンのバター醤油焼き&温野菜。
親友Kちゃんから頂いた“じゃこ”でご飯が進む進む。
昼間より日が差しこむ明るい夜になりました(20:00)。
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-20 19:21 | London生活事情

時差ぼけ☆アタック②

0:00 起床。(早すぎて、天気も気温もわからない)
旦那さんも、ソファーで寝てしまったらしく、同じくして、起床。

ネットもTVもないこの生活環境中、
私は、瞑想にふけているか、ブログ準備を進めています。


そろそろ朝食の時間。
今日の朝食はこちら
c0138438_1952170.jpg



汚れにくそうなステンレス製に惹かれたトースターだったけど、
c0138438_196509.jpgサンドイッチとクロワッサン用の網がついていた代物。
↑購入時に初めて知ったんだけど。。。。
このサンドイッチ用の網に、パンとハムとチーズを挟んで焼くと
チーズが溶けて、ハムの塩気で美味しいホットサンドの出来上がり。

朝食後、旦那さんと駅近くの商店街(こちらでは、High streetと言います)を散策。
クリーニング屋やサーモンやチーズを量り売りしているお店
センスのいい花屋などを発見。

TESCOで食料品を買い、旦那さんは仕事のために帰宅。
私は、再びお隣の駅にバスマットと羽毛布団カバーを探しに。

バスマットは、怪しい金物やみたいな店で良さげなものを見つけました。
トイレマットとセットになっているもので10ポンドくらいでした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
普通のお店では、便座カバーは売っていません。
日本の品を扱っているお店(Japan Center)には売っていました。c0138438_20391068.jpg
私は、日本から持ってきました。イギリスの便座は若干大きめのO型です。
それと、こちらでは、トイレットペーパーカパーは必要ないです。
フォルダーがありませんから・・・。(うちだけ?)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

それと、ソファーカバーを買いに“FUTON”というお店へ。
ここは、畳のベッドも売っている面白いお店。
持ち帰りようの紙袋は有料(50ペンス)。
でも、ここの商品は、殆どが大きいものだから、自分で袋用意するのは大変だよなぁと思いながら、支払い。

一人で歩くのは初めてだったから、ちょっと緊張。
旦那さんからも早歩きで移動しろと言われたので、かなりの高速歩行。
かえって目立っていたような・・・・。

帰りに寄ったTESCOで購入したデザート(このデザートめちゃめちゃ美味しかった。)でお茶したら、やっぱり睡魔が・・・・。
今日もこんなに早く就寝(18:30)
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-19 19:01 | London生活事情

時差ぼけ☆アタック①

◎天気 明け方 小雨
◎気温 肌寒い (TVがないので、正確な気温がわかりません。感覚です)

3:30 am 起床。モロ時差ぼけ☆アタック
一人ベッドを抜け出し、父が録画してくれたドラマ(イケパラ♂と***-***)を堪能。
マメな父は、高速録画と等速録画の2種類のDVDを用意してくれました。
(ありがたや~)
高速録画で見れたので、即電話。残念ながら留守電。
お父さん、ありがとう。これから次のDVDが届くまで、繰り返し見るよ。

見終わって外を見ると、まだ薄暗い中、雨。
 
=あ~ここはイギリスなのね。=

5:50頃、やっと明るくなってきた。

妹がくれた”英国、花からはじまる旅(アノマニ・スタジオ 並木容子著)”を読みました。
不安でいた気持ちが、すっと軽くなった。それより、なんか楽しくなりそう。そんな気がした。
”旦那さんの留守中、市場に沢山出かけよう!”

8:30 そろそろ、旦那さん起きてもいいんじゃない?ということで、
    半ば強引に起こしました。

今日の朝食は、じゃ~ん。
c0138438_183717100.jpg

モロ、引越直後の食事って感じ。野菜ないし・・・。

相変わらず旦那さんは、窓からの眺めに満足している様子。
(ま、社宅の窓からは、マンションしか見えなかったらからね。)
じゃ、そろそろ、今日も買出しに出かけよう!

10:30 出発。今日のメインはTV&DVDとその他身の回り品。

駅に歩いていくと、ものすごい人・人・人の数。お年寄りから子供まで。
駅員さんに尋ねてみると、今日はクリケットの試合があるそうです。
一度TVでクリケットの試合を見たことがありますが、こんなに人気あるスポーツだったのね。
人の波をかき分け、プラットホームへ。
目指すはお隣の駅。日本のホームセンターを3周りくらい小さくしたお店が幾つかあります。
意外に、商品の揃えがよくて、びっくり。(意外にいいというだけで、日本同様の品揃えのよさでは全くないですよ。)
購入したのは、トースター、ポット、靴棚、BRITA、タオルなどなど。
日本でもよく使っていたプラ衣装ケースは19ポンド程度で売られています。
そんなに、日本と値段変わらないかなぁというのが印象。

あとは、みなさんご存知のBootsでShower gel、整髪料、Hand Soapを購入。私の基礎化粧品(Marks & Web)の代替品は、後々考えることにしました。


その後、スーパー(Sainsbury's)へ。
Sainsbury'sは、大きかった。想像していた通りの外国のスーパー。
手押しするカゴも大きい。
でも、カゴは、チェーンで繋がれている。
(使うためには、1ポンドをカゴのバーにあるコイン入れに入れるとチェーンが外れ、返却時に、チェーンをつなぐと、1ポンド戻ってくるシステムだ。)
そんなこと知らなかったから、一人チェーンをゆっさゆっさ。
親切なご婦人に教えていただいた。
よく周りを観察するべきだったわ。

帰り道、ARGOSで、TV&DVD&TV台セットを購入。
配達は通常は21日です、とのこと。
配達日が確定されないなんて・・・・ところがイギリスらしいのか?。


それにしても、イギリス人は、待つことに慣れているのか。
一つ一つの動作がゆっくり。
スーパーでもARGOSでも、後ろに何人並んでいようが、ゆっくりした対応が続くし、他のレジを開ける気配もない。
このペースに旦那さんはちょっと皮肉モード。
でも、こちらの人は、ちゃんと待たせた時、”Sorry for keeping you wait"と言ってくれるんだよね。つまり、対応の都度言ってるってことになるけど。

帰宅後、早めの夕食(昼食抜きだったもんで)
それにしても長い一日だった。
やはり、疲れて、即就寝。( 18:00)
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-18 18:01 | London生活事情

あっと言う間に、到着!

◎天気 晴れ
◎気温 18度

15:30 定刻通り、Heathrow airportに到着。

到着ロビーを出て、Virgine Atlanticのカウンターへ。
カウンター脇には、数十人の黒いスーツを着た軍団が・・・。
搭乗券の半券を見せると、その黒スーツ軍団の中から、ちょっと太っちょの人が呼ばれました。そう、この人たちドライバー。

ドライバーに連れられて、駐車場へ。
外は、風が涼しくて気持ちいい。涼風を受けた瞬間、すっかり日本の猛暑を忘れてしまいました。

いざ、新居へ。
ですが、その前に、日本からインターネット注文していた羽毛布団と枕セットをpick upする為、ARGOS 最寄の店へ立ち寄り。
日本で予約した商品を、ロンドンで受け取るなんて、世界はboarderlessねって一人感心。

17:30 我がFlatに到着。
Flat前には、JH(不動産屋)のI女史が立って待っていてくれていました。
この人、本当にいい人。フラット前でキョロキョロと私たちの到着を心配しながら待ち、あの大きな荷物を、3階まで一緒に運んでくれたのです。
もちろん、スーツケースは、腰を痛めながら旦那さんが運びましたが・・・。

室内には、Invetory checkの専門業者が待機していて、室内の写真を撮影していました。
彼からの唯一のアドバイス
”ソファー新品です。アクシデントなどがあって汚すといけないから、カバーしたほうがいいね。”
(Yes, Sir.!)

その後、室内設備(洗濯機、オーブン、ガスコンロ、風呂、ヒーティング)の使い方をI女史より教えていただきました。
その中で、今日になって、気がつくことが多かったのだけど、やはり、部屋自体は古い・・・。
 クローゼットの天井に空いている穴はテープで止められていたり、
 台所のオーブンの汚れは落ちていないし、
 ガスコンロのスイッチもバカになっている。 
 ⇒ ガスコンロは着火マンで火をつけるハメに・・・

とはいえ、旦那さんは、リビングに入ってくるが、やはり気に入った様子で、
いや~いいねぇと盛んに言っておりました。

さて、I女史と別れ、食料買出しです。
最寄駅まで徒歩8分程度、その駅の向こう側に、TESCO Expressがあります。
とりあえず必要そうな トイレットペーパーや調味料、牛乳やミネラルウォーターを購入。あと、イギリスでは、冷凍ものがとっても充実しているので、チキンカレーやラザニア、カルボなどを購入。

さすがに、疲れました。
食後、すぐ就寝。(22:00)
[PR]
by MdmNAOCO | 2007-08-17 20:48 | London生活事情